妊娠中の食事に気をつけることで健康を維持する

赤ちゃんにも優しい食事を始めよう

糖分を控える

妊娠中になるとしっかり栄養素を摂取する必要がありますが、中でも糖分は過剰に摂取をすると身体に悪影響を及ぼす可能性があります。
糖分が多く含まれているものはご飯やパン類、じゃがいもや小麦粉、玄米などです。
これらは日常生活の中でも摂取することが多いため、糖分を摂り過ぎないように注意をする必要があります。
またラーメンやケーキ、スナック菓子が好物だという方も多いですが、過剰に摂取することを避けて計画的に食べていくと栄養バランスが偏る心配もありません。
特に妊娠中の身体はとてもデリケートなので、糖分の摂り過ぎとしないようにしなければなりません。
妊娠中の食事はできるだけ30品目を目標にしていき、栄養バランスを考えた食生活を心がけると良いです。
朝食や昼食、夕食だけに限らず、間食の際にも30品目の中の食材を摂取していくと効率的です。
また毎日不規則な時間に食事をしてしまうとサイクルが狂ってしまうので、毎日決まった時間に食事をすることも大切です。

妊娠中に重要な栄養素となるのはたんぱく質やカルシウム、鉄分、食物繊維やビタミンなどです。
これらがバランス良くなることで身体に良い影響を与えるため、便秘や体型維持などにも効果があります。
甘いものなどが好きな人は糖分を摂取してしまいがちですが、摂取しすぎると妊娠糖尿病の可能性も高まります。
妊娠糖尿病は血糖値が上がりやすい状態になってしまうので、食事療法によって血糖値の状態を整えることが必要になります。